迷子犬・捨て犬を見つけたらどうすればいい?我が家の実例と保護方法。

出会ってしまった迷い犬や捨て犬。

自分が助けなければこの先どうなってしまうのか。

保護したところで最後まで面倒を見れるだろうか。

その後、どうしたら良いのか。

我が家で迷い犬(捨て犬?)を保護した実際の話と、その時の保護方法や流れを記録しておきます。

【我が家で迷子犬を保護した話】

数か月前。真冬です。

夫が、仕事中に迷子犬を発見しました。

仕事中にめったにかけてこない電話をかけてきました。

「小さいダックスがふらふら歩いてる。どうしよう・・・
保護していい??」

寒い時期だったので、保護してもらい警察署に届けてもらいました。

警察署で預かってくれるのは1日だけ。

その後は保健所などに移されてしまいます。

保健所などに移されると子犬であっても新しい飼い主さんを見つけるのは難しいく、収容された30%以上の犬が殺処分となっているのが現状です。
(高齢であれば特に殺処分の可能性が高いです。)

ここから夫と私の葛藤が始まりました。

保護したのは年配のダックス。
もちろん元の飼い主さんが見つかるのが一番ですが、見つからなかった場合。

保健所にやるのは心苦しい。
かといって我が家で保護するということは、里親さんが見つからなければ最後まで私たちの所にいるということ。
むぎゆきもいるのに急に3匹目を飼うのは不安。
むぎゆきとの年齢差のことも含めて馴染めるのか??

年配のわんこに里親さんが見つかるか?
でも、最後まで幸せに過ごして欲しい。
我が家で保護するなら最後まで面倒を見る覚悟をしなければ。
いやいや・・・・

と、頭の中は早口で大混乱。

で、1日後警察から電話。
元の飼い主さんは出てこなかったとのこと。

そうだよね~・・・

どうしても見捨てられず、我が家で預かることにしました。

↓この子が保護したダックスちゃん

保護した迷い犬

子犬かと思うくらい小さなおばあちゃんダックスでした。

体は匂うし、大きな毛玉だらけ、爪は伸び放題。
親指の爪は伸びすぎてお肉に食い込んでいました。

・・・たぶん捨てられちゃったんだろうね。と、夫。

ケッ!!そうなら、とんえでもねぇ飼い主だ!
↑妻の心の声は思わず外に。

来て早々で申し訳ないけど、お風呂場でシャンプーと毛玉をカット。
その後に病院に行き、爪の処置とフロントラインをしてもらいました。

余談ですが我が家が通っている病院では保護犬であることを伝えたところ、再診として扱ってくださり少しお値段が安くなりました。ありがとうございます。

だっくすちゃん

おっとりしてマイペースなめちゃくちゃ良い子。

その後、かわいい写真を撮ってインスタグラムで元の飼い主さん探し、「ペットのおうち」というサイトで里親募集をしました。
もちろん、見つからなければ我が家で暮らす予定だったのでダメもとでw

しかし、予想に反して何件かのご連絡をいただけました。

ホントに運が良い子!!
すぐにごお連絡をくれた1組の素敵なご家族と、数日後にお会いしてお話しすることに。

お会いした時もダックスちゃんのためにいろいろと用意してくださっていて、安心して預けられるなとホッとしました。

ちなみにこの時、大の大人4人が犬への愛情で
全員涙目で話し込みましたwww

この素敵な出会いのダックスちゃんは新しい飼い主さんのもとへ行きました。

警察署に届け出してから90日の間に元の飼い主さんが現れたら返さなければならないので、90日間は預かりということになります。

その間、ダックスちゃんの画像を送っていただくなどやり取りをして、どんどん安心した顔になっていくダックスちゃんが。

眠るダックスちゃん

はぁぁぁ愛おしい。

少し前に90日を迎え、無事に里親さんのお家の子になりました。
素敵な名前ももらって、私たちもうれしかったです(^’^)

【迷子の犬を見つけたら】

■まずは最寄りの警察署に届け出。(落しモノ扱いです・・・)

1日は警察署で預かってくれます。
警察署で預かってもらっている間に飼い主が見つからなかった場合、保健所や保護センターに移ることになります。
その後、ご自身で保護するかしないかはここまでに決めなければいけません。

■飼い主さんを探す。

元の飼い主さんを探すのはもちろん、長期間預かれない場合は里親さんを探すのが良いと思います。
※里親さんにお渡しする場合は90日間預かり期間であることを必ず伝えてください。

・SNSを利用して探す。
私の場合はインスタグラムで投稿したところ、協力してくださる団体さんから連絡いただけました。
・写真入りの張り紙を作成して探す。
動物病院やペットショップさんなども張り紙に協力してくださることが多いです。

■預かるならば、最後まで飼う覚悟が必要です。

ものすごく葛藤すると思います。
飼い主さんや里親さんが必ず見つかるとは限りません。
もし、最後まで飼えないのなら辛いですが、保健所や保護施設の方にお任せするしかありません。

保護したころを思い出したら熱くなってしまいました_φ( ̄ー ̄ )
長いお話にお付き合いいただきありがとうございます!

飼い主側は愛犬が迷子にならないようにする努力が必要ですね。

人気のM・シュナランキングはこちら

人気のマルプーランキングはこちら

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です